ジュンビーのピンクゼリーの成功率はどう??【最新版】




さて早速ですがジュンビーのピンクゼリーの成功率は公式サイトでは公表されていません

公表されていないってことは「成功なんてしないから掲載していないのでは?」と思うかもしれませんが、口コミやネットの評価では成功している方もいるので少なくても0%ではないと思います。

 

ただ女の子を生み分ける成功率はピンクゼリー他に、

 

■いつエッチをするか?
■どういった行為をすればいいのか?

 

とピンクゼリーを使用するタイミングや行為によってさらに成功率があがっていきます。

ただ先ほども言ったようにジュンビーのピンクゼリーの成功率は公表していませんが、
ブログやSNSの成功や失敗の書き込み、医師からのアドバイスから成功率を推測してみました。

補足:

ちなみにマイクロソートという産み分ける最新の技術が存在します。この方法だと93%程度の確率で産み分けることができます。
値段はかなり高額ですが、■どうしても産み分けたい方はこちらをクリックしてください←

産み分けゼリーの成功率

※調査した結果のもとに推測しているだけなのはあくまで参考にしてほしい数字です。

 

■ピンクゼリーのみ:60~70%
■タイミングのみ:60~70%
■両方を実行した場合:70~80%

 

例えば女の子が生まれる確率が50%だとするならピンクゼリーによって10%~20%上がる仕組みですね。

ではタイミングによって実行した場合の成功率のあげ方をご紹介しておきますね。

 

■ジュンビーのピンクゼリーの詳しい詳細はこちらをクリック←

ピンクゼリーの成功率をさらに上げる方法とは?

まず簡単に手順をまとめてみました↓

 

■排卵検査薬で排卵日を調べて陰性の期間にピンクゼリーを使用しエッチをする

■行為は短めにする

■女性は酸性の食べ物、男性はアルカリ性の食べ物

 

それでは順に説明をしていきます。

排卵検査薬で排卵日を調べて陰性の期間にピンクゼリーを使用しエッチをする

まず排卵検査薬ドゥーテストという商品を買って排卵日を調べます

そして排卵日2~3日前(陰性)の状態でエッチをします。

排卵日2~3日前(陰性)の状態というのは下記の画像を見てください
※画像は友人にお借りしました。

赤丸に囲っている所の縦線が徐々に濃くなっていることがわかるかと思います。
ここがはっきりと濃くなると陽性となります。

2~3日前というのは、これだと10月16日~10月17日がうっすら縦線が見える状態です。

18日~19日ではかなり縦線濃くなった状態なので、陽性の可能性があり、この時にエッチをすると、ピンクゼリーを使用しても男性が生まれる可能性があります。

なのでうっすらた縦線が現れたときにエッチをすることで女の子が生まれる確率があがります。

補足、排卵検査薬ドゥーテストは第一類医薬品であるためドラックストアでは販売していませんがamazonだと最安値で購入できます。

ただし商品の注文ページに、年齢や性別などをチェックする項目があるので、しっかりと回答すればネット通販で購入可能です。

なぜ排卵日の2~3日前にエッチをすることで女の子が生まれやすいのか?

精子の中にはY精子(女の子)とX精子(男の子)2種類の精子がいます。

そしてY精子はとX精子より寿命が長いため、排卵日の2~3日前に膣を酸性にして調整することで女の子が生まれやすくなります。またこの期間中はX精子は寿命が短いので卵子にたどり着く前に死滅します。

一方で排卵日直前に膣を酸性にして調整したとしてもX精子はY精子より数が多く泳ぐのも早いので男の子が生まれやすくなります。

エッチは短めにする

女の子が生まれやすくするためには膣内を弱酸性にする必要があります。
しかし性交に時間をかけてしまうと、外からの雑菌を防ぐために、愛液やペニスとの摩擦によって酸性度が低下します。

また女性がオーガズムに達すると子宮頸管粘液が分泌されます。
子宮頸管粘液はアルカリ性であるため、ピンクゼリーを使用しても酸性を中和してしまいます。

なので本気で産み分けたいなら男性に先にオナニーをしてもらい射精感が上がったら膣に浅めに挿入し射精してもらいます。

補足

浅めに挿入する理由としてはY精子を卵子に到達させないためです。
精子にはY精子(男の子)X精子(女の子)2種類の精子があります。
Y精子はX精子よりも泳ぐの速いため浅めに挿入させ卵子までの到達を遅らせます。

女性は酸性の食べ物、男性はアルカリ性の食べ物

これはピンクゼリーを使用するならそこまでこだわる必要はありませんが、、、

 

女性は酢を使う料理を心がける、肉料理を食べる
男性は野菜、果物、きのこ、海藻、豆類を食べる

 

を食べることで少しでも女の子が生まれる確率を上げます。

一点注意点としてもエッチをする前にコーヒー飲むと男の子生まれやすいなるので控えておきましょう。

補足

コーヒーを飲むとY精子(男の子)が増加するからです。

 

 

■ジュンビーのピンクゼリーの公式サイトはこちらをクリック←

マイクロソートについて

マイクロソートは精子に含まれるDNAレベルで精子の性別を分類する高度な産み分け技術です。

申し込むと旦那さんの精子をご希望の性別の精子を分類し、それを膣に入れることで産み分けを可能にします。

またMicroSort®「マイクロソート」によって生まれた新生児の性別について1500件以上の追跡調査をした結果、女の子で93%、男の子で82%となっています。

ただし費用が491,700円となっているの本気で産み分けをしたい方向けです^^;

 

■【MicroSort(マイクロソート)】の公式サイトはこちらをクリック←

 

まとめ

ここまでジュンビーのピンクゼリー成功率について書いてきました。

現状産み分けの成功率100%なんてものは存在しません。
ただ少し産み分ける知識を知っておくことで断然確率はあがります。
今後の参考にしてください^^

 

■ジュンビーのピンクゼリーの公式サイトはこちらをクリック←

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です